航空整備士の労働時間は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士の労働時間は?

航空整備士の労働時間は?

航空整備士は勤務先の航空会社の就業規則に従って勤務します。労働時間はそれぞれの航空会社が定める規定に従い決まっています。航空会社の場合、労働基準法に従って週40時間労働が定められています。一日当たりの仕事量は8時間が基本です。飛行機は365日24時間運航していますから、勤務する航空会社によっては勤務体制がシフト制になっていて、夜勤が発生する場合もあります。休日は週休二日制ですが、シフトによって決まるため月単位などのスパンで休日が変わることがあります。

残業は発生するか
航空整備士は残業がちょくちょく発生します。その理由は整備対象の飛行機の整備に時間がかかるためです。ジャンボジェットの場合、複数の整備士でチームを構成して整備にあたりますが、くまなくチェックを行う必要があるため、時間がどうしてもかかってしまいます。次のフライト予定までに整備を終わらせるために、残業しなければならない時もよくあります。例えば整備中に不具合が見つかった場合には、整備が完了するまで同じチームが作業を受け持つことになり、かなりの時間の残業が発生することもあります。

実労働時間はどれくらいか
労働基準法では週40時間労働があらかじめ定められているため、残業が多くなればなるほど企業に対するチェックが入るようになります。航空会社もコンプライアンスを重視する必要があるため、かつてのようにかなりの時間残業しなければならない状況は改善されつつあります。それでも残業は定期的に発生するので、一日当たりの労働時間は10時間程度になることも珍しくありません。

有給休暇は取得できるか
残業が続くと、体力面が心配になってきます。週休二日制ですから、休みを利用して体を休められるものの、新たな資格を取得しなければならない場合には、休日返上で勉強をする必要があります。このような場合、有給休暇を取得したいと思うものですが、航空整備士不足が続いているため、なかなか有給休暇を取得できないのが現状です。企業は職場の労働環境の改善に向けた打開策を考慮しているものの、それでも有給取得率は低くなっています。

職場環境はかなりハードなことが分かりますが、航空整備士は自分の仕事に誇りを持っている人が少なくありません。多少の残業があったとしても、それを気にせず仕事に打ち込む整備士たちはたくさんいます。一見大変そうに見える仕事ですが、やりがいを感じながら仕事ができるのが航空整備士です。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.