航空整備士に働きながらなれる?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士に働きながらなれる?

航空整備士に働きながらなれる?

仕事をしながら航空整備士の資格を取得するのは果たして可能なのでしょうか。航空整備士の資格を取得する方法は、筆記試験と実技試験をクリアする以外にありません。航空整備士の資格を取得するのは車の免許を取得するのに似ています。自動車の免許を取得するには、教習所に通い、最終的に免許センターでの筆記試験に合格して取得できます。独学で取得するのはほぼ無理だといえるかもしれません。航空整備士の資格も同じです。ですから仕事をしながら自己流で勉強して資格が取れるわけではないことを知っておきましょう。

仕事と学業の両立は可能か
仕事をしながら専門学校に通い、航空整備士の資格を取得できないか考えるかもしれません。今のところ、週末や夜間に授業を行う学校がないため、専門学校に通うためには仕事を辞めるしか方法がありません。航空整備士を目指すため、いったん仕事を後にし、資格を取得してから新たに資格を生かした仕事に就くというのが主な流れになります。仕事をしながら航空整備士の資格を取得するのは難しいというのが答えです。

仕事をしながら航空整備士の資格を取得するには
前述のように、専門学校に通い資格を取得するのが最短かつ基本的な資格取得の方法です。ただし仕事をしながら航空整備士の資格を取得する方法は一つだけあります。それは航空機を扱う企業に転職し、仕事をしながら実務経験を積み、資格を取得する方法です。二級航空整備士の資格を取得するためには、実地試験をパスする必要があります。二級航空整備士の資格を取得する場合も、3年以上の実務経験が求められます。専門学校の場合、この経験が免除されるため、受験できますが、それ以外の人は必ず実務経験を積まなければなりません。この方法では、転職後最短で3年経過してから航空整備士の試験を受験できる計算になります。

一級航空整備士になるための壁
一級航空整備士になるためには、少なくとも4年の実務経験が必要になります。働きながら一級航空整備士になりたいと思う場合は、まず二級航空整備士の資格を取得してからステップアップを目指します。専門学校でも一級航空整備士の資格は取得できないため、実務経験を積むことになります。二級整備士資格取得と同じで、働きながらこの資格を取得するには、航空関連の企業に就職することが必要になります。どのケースを考えても、異業種からこの資格を取得するのは難しいことがお分かりいただけることでしょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.