航空整備士の福利厚生は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士の福利厚生は?

航空整備士の福利厚生は?

航空整備士として航空会社や関連企業、航空製造業に就職すると、それぞれの企業の福利厚生が適用されます。民間の航空会社に勤務する場合、航空整備士は企業の社員になるため、基本的な福利厚生に加えて、企業別の福利厚生が利用できるようになります。どの企業でも適用される福利厚生は次の通りです。

・社会保険 ・厚生年金保険
・退職金制度
・労災、雇用保険

これらの福利厚生のほかに利用できるものとして、採用している場合は企業年金、厚生年金基金、持株会制度、財形貯蓄制度があります。企業が所有している保養施設や、民間の福利厚生提供企業と提携し、充実したサービスが利用できる場合もあります。

社会保険制度
社会保険は保険料を企業と社員双方が折半で出し合う保険制度です。国民健康保険よりも保障内容が手厚くなっています。仕事をケガや病気で長期間休む場合、傷病手当金を請求できます。社会保険制度に加入している企業は健康診断を社員に無料で実施します。人間ドッグや脳ドッグが無料で受けられたり、割引価格で受けられたりする制度もあります。

年金制度について
航空整備士が利用できる年金制度は基本が厚生年金です。国民年金とは違い、二階建ての年金制度で将来受け取れる年金は国民年金よりも多いです。厚生年金に加えて、厚生年金基金に加入することで年金をさらに増額できます。企業年金を採用している会社であれば、厚生年金とは別に企業年金を受け取れるため、ゆとりある老後を過ごせるというメリットがあります。厚生年金はどの企業でも採用していますが、企業年金は採用している会社が異なります。

退職金制度
将来の資金を蓄えるのに役立つのが退職金制度です。航空整備士も退職金制度を利用できます。退職時には加入期間に応じた退職金が支給されます。退職金は一括もしくは年金のように分割支給という形で支給されます。

労災、雇用保険
万一仕事上でケガや病気になった場合の治療費を補償するのが労災保険です。航空整備士はケガなどの事故に遭う可能性があるので、労災を利用する機会があるかもしれません。休業中の補償なども労災から受け取れるので、万一のために備えられます。離職する場合は、雇用保険から失業給付金が支払われます。転職などでいったん離職する場合に、役に立つ補償です。

航空整備士は就職する企業の手厚い福利厚生が受けられるので、勤労意欲がわきます。前述の福利厚生以外にも、ホテルや保養所などを利用してリフレッシュできる制度などもあります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.