航空整備士になるための大学は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航航空整備士になるための大学は?

航空整備士になるための大学は?

毎日、何百もの航空機が日本各地の空港を離発着しています。航空機は安全性の高い乗り物、移動手段とされ多くの人の交通手段となっています。こうした航空機の安全性を守る大切な役割を担っているのが航空整備士です。航空整備士がいなければ、航空機が安全渡航することができない、また現在の様な航空機での旅行や移動も不可能であったと言っても過言ではありません。

航空整備士にも一等、二等があり、扱う機種により細かく分類されていきます。試験内容は学科試験と実地試験にわかれています。実地試験の受験資格を取得するためにはまず学科試験の合格が必要です。一等航空整備士の試験を受けるためには20歳以上で整備経験が4年以上あることが求められます。二等航空整備士は19歳以上であり、さらに整備経験3年以上の者が条件です。一等と二等によって航空機の最大離陸重量の制限の有無が異なります。

航空整備士になるためには、学科試験と実地試験の合格が必要です。そのための確実な方法が国土交通大臣指定航空従事者養成施設に指定されている学校に進学することです。航空専門学校も有名ですが、大学進学後、航空整備会社に就職することで資格を取得することができます。

大学に進学する際には、工学部や理工学部に行くことで航空整備士に必要な基本的な技術を習得することができます。日本大学、帝京大学、日本文理大学の航空宇宙工学科や静岡理工科大学、摂南大学、法政大学の機械工学科などに進学することで航空機に関わる知識を取り入れ、将来の就職に備えることができます。航空整備士として大手企業への就職は、学校推薦のケースが多いので、一流大学の工学部へ進学することが薦められています。

熊本県熊本市にある崇城大学では、航空整備学専攻が設けられており、在学4年間で二等航空整備士を所得することができる唯一の大学として注目されています。同時に工学士の資格も取得するので、卒業後の進路も技術職から会社経営までと多岐に渡ります。最大のメリットは在学中に国家資格である航空整備士を取得することができため、入社後も訓練期間を短縮することができます。現場においても着実に実力を身に着けるための基礎が築かれているため、より早く活躍の場を広げていくことができます。また航空整備士にとっては必要不可欠される英語もネイティブ講師による実践的な英語教育を受けることができるため、確実な英語力を身に着けることが可能とされています。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.