航空整備士の離職率は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士の離職率は?

航空整備士の離職率は?

離職率は仕事がしやすいかどうかを判断するバロメーターのようなものです。離職率が高いということは、何らかの理由で退職する人が多いことを示しています。離職率が低い場合はその逆です。ただし離職率ですべてを判断できるわけではありません。職種や会社によって離職率が異なるため、業界全体の離職率を見たとしてもそれが必ずしも会社の状況を反映しているとは限らないこともあります。航空整備士は航空会社に勤務して、所有する飛行機の整備を行ったり、メンテナンスを専門に行う会社に勤務して個人所有のプライベートジェット、ヘリコプターを整備したりすることがあります。航空整備士の離職率についての情報をまとめてみました。

航空整備士の離職率は若干高め
航空整備士はジャンボジェットの整備などを手掛けることがあり、大型の部品を扱うことが多く、かなりの重労働です。体力を使う仕事はどの業界でも離職率が高めですが、航空整備士についても同様だといえるでしょう。離職した後は、他の航空会社の整備士として勤務することが多いです。同じ業界だから仕事量は変わらないのでは?と思うかもしれませんが、好待遇の企業へ再就職するケースがちょくちょく見られます。離職率は高めですが、非常に高いわけではないため、自分の仕事に満足し誇りをもって勤務している人も少なくありません。

離職する理由
前述の通り、重労働が伴うのが航空整備士です。重労働以外にも離職する理由として挙げられるのが報酬です。同じ航空会社でもホワイトカラーの社員と比較するとどうしても報酬は低くなってしまいます。報酬面の格差が離職を招いているのが実情です。飛行場によっては飛行機が24時間離着陸しているところがあります。この場合、整備は昼夜を問わず行う必要があるため、勤務はシフト制になっています。不規則な仕事のパターンも離職する原因です。

待遇面に加えて離職する原因になっているのが、資格取得のためにかかる時間と労力です。飛行機はさまざまな形式があり、それぞれ整備方法が異なっています。そのため一級航空整備士の資格に加えて、飛行機の形式ごとに整備できる資格を取得する必要があります。最新鋭機を航空会社が導入すると、導入時期に合わせて資格を新たにとる必要があり、それがストレスになって離職するケースがあります。勉強するための時間が必要ですから、休みの日も資格取得のために時間を取らなければいけないといった状況が見られます。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.