航空整備士に多い悩みは?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士に多い悩みは?

航空整備士に多い悩みは?

航空整備士はやりがいのある仕事ですが、仕事上の悩みを抱えることもあります。航空整備士が抱える悩みの一つは語学力です。小型飛行機の整備であれば、日本語で十分対応できますが、ジャンボジェット機を整備する一級航空整備士になると、英語力も求められます。試験では英語は必要ありませんが、就職時に英語力が求められることがあります。例えばキャリアアップを考えている人が、外資系の航空会社の整備士として転職するとしましょう。この場合、求められるのは高い英会話力です。マニュアルは英語でできていますから、英語でマニュアルを読める読解力が必要です。スキルアップを目指したい場合、英語が壁になってしまい、悩みの種になることがあるのです。

コミュニケーションスキルが必要
航空整備士はチーム単位で作業をします。ジャンボジェット機の整備は複数の整備士と作業を行うため、互いに意思を正しく伝えるためのコミュニケーション力が求められます。一人で作業ができる場所もありますが、そのようなことは稀です。普段から意思疎通を図るためのコミュニケーション力を鍛えておかないと、それが壁になってしまい、ストレスのもとになってしまう場合があります。もし協調性の面で自信がないと感じているのであれば、今のうちにコミュニケーションスキルを磨くことが大切です。

神経を使う作業が多い
航空機の整備がしっかりされていることで初めて飛行機は安全に飛行できます。空の安全は航空整備士にかかっているといっても過言ではありません。このプレッシャーがストレスになることがあります。何らかの重大インシデントが起きてしまうと、整備士の責任が問われることがあります。他の航空会社の事故であっても、整備士は自分のことのように感じ、ストレスを抱えてしまうことがあります。さまざまな計器類をチェックしたり、油圧系統や電気系統をチェックしたりするときには、神経をすり減らしてしまうこともあります。

資格取得におけるストレス
一級航空整備士であれば、ジャンボジェット機の整備に携われますが、すべての飛行機の整備ができるとは限りません。大型ジェット機はさまざまなタイプがあるため、形式ごとに整備するための資格を取得しなければならないことがあります。勤務先の航空会社が新しい機材を導入する場合、それに合わせて資格を新たにとることもあります。資格取得のための勉強の時間をとる必要があり、それがストレスになることがあります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.