航空整備士の初任給相場は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士の初任給相場は?

航空整備士の初任給相場は?

航空整備士資格を取得するには国土交通省が管轄する国家資格に合格することが求められます。そのために、国土交通大臣指定航空従事者養成施設である専門学校や大学を卒業することが確実な方法とされています。国家資格を取得した後はJALやANAなどの航空会社に就職し勤務することが一般的な流れになります。最近では業界大手だけでなく、LCC(ローコストキャリア)においても航空整備士が必要とされニーズは高まっています。勤務先はもちろん空港になるので、日本全国の空港で働く機会があります。

航空業界大手に限らず、航空整備士資格は国家資格であり取得も難関とされているため、給与面では優遇されるイメージを持つ方が多くいます。また専門職でもあるので高給厚待遇が期待されます。空港での仕事は日中だけに限られていません。早朝から深夜まで、空港によっては24時間絶え間なく航空機の離着陸があります。夏は暑く、冬は寒い作業環境においてもミスなく迅速に作業を行うことが求められます。そんな航空整備士の初任給は幾ら位が相場になるのでしょうか。

給与形態は年齢をベースに基本給と諸手当で決まることが多い傾向があります。この手当によっては給与額がかなり変動します。24時間体制の空港であれば、夜勤手当がありますし、他には通勤手当や時間外勤務手当、そして資格手当などが支給されることになります。一般的に航空専門学校を卒業した航空整備士のケースでは初任給が夜勤手当も含めて約19万円から24万円程度とされています。もちろん、これは就職する会社によっても異なることを覚えておきましょう。大手であれば、募集要項では約20万円と公表されています。ここから諸々差し引かれて、手取り額は約15万円前後が相場ということになります。

航空技術は常に進歩を続けています。機体本体、機材、部品すべてにおいて進歩がみられます。それに合わせて航空整備士自身も勉強を続け、技術を磨き続ける必要があります。航空整備士の平均年収は約400万円から600万円程度とされています。大手であればさらに手当などが支給されて高めになる可能性があります。一般の企業に勤める航空整備士であれば、サラリーマンの年収と同額程度になります。しかし航空整備士の多くは機械好きであり、航空機に関わる仕事に就けることにやりがいと満足感を見いだしています。

航空整備士の給料は初任給も含めて資格と手当、そして大手企業に就職することによって高くなる傾向があることがわかります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.