航空整備士は安定している?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士は安定している?

航空整備士は安定している?

空の安全を守る役割を果たすのが航空整備士です。航空整備士は飛行機の点検やメンテナンスを行う技術者です。毎日数万ものフライトがある飛行機ですが、事故率の発生が低く、最も安全な乗り物と言われています。こうした空の安全を保つことができているのは航空整備士の活躍があるからです。航空整備士を目指して、資格取得を目指している人はたくさんいます。もしかしたらあなたも新たな資格を取得して、飛行機の整備士として働きたいと思っているお一人かもしれません。航空整備士の仕事は安定している職業なのでしょうか。

飛行機はなくてはならない交通手段
グローバル化により、世界との取引を行う企業が多くを占めるようになりました。外資系の企業も日本に支店を構えるようになり、海外からの観光客も多く日本にやってくるようになりました。海外と日本を結ぶ主な交通手段は飛行機です。普段の生活の中で飛行機はあまり身近ではないと感じる人もいますが、日本国内はもとより、世界では1日当たり何万回ものフライトがあります。安全に人や物を輸送する飛行機がなければ、成り立たないのが航空業界です。これらを支えているのが航空整備ということになります。

航空会社は国が救済することもある
例えば日本航空が経営危機を迎えたときに、国が主導になって経営再建を行ったことがありました。航空会社は社会にとって必要不可欠な企業だからです。第三の国内キャリアとして話題を集めたスカイマークエアラインは全日空の傘下になることで経営の立て直しを図っています。このケースでは国が救済したわけではありませんが、圧倒的な資金力を持つ全日空が支援することで、危機を脱することができました。これらは極端な事例ですが、航空整備士は社会の中で飛行機が存在し続ける限り求められる人材ですから、仕事は安定しているといえるでしょう。

国内の航空整備士は二大航空キャリアへの就職が多い
日本の二大航空キャリアは全日空(ANA)と日本航空(JAL)です。2社以外にも他の業界が出資して設立された航空会社がありますが、日本のフライトで多くを占めているのがこの2社と関連する子会社です。最近では格安航空会社(LCC)が人気ですが、ピーチアビエーション、バニラエアラインの2社はそれぞれ全日空の子会社です。航空整備士が勤務することになる企業はこの二大キャリアのうちのどちらかになる可能性が高いのが実情です。両社とも安定した経営を行っていますから、心配する必要はありません。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.