航空整備士は不足している?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士は不足している?

航空整備士は不足している?

航空業界は人手不足の状態です。その理由は格安航空会社(LCC)が次々と誕生しているからです。日本国内をはじめ、世界各地でLCCが脚光を浴びるようになり、リーズナブルな価格で国内旅行や海外旅行を楽しめるようになりました。このことが引き金になり、パイロット、客室乗務員の不足が生じるようになりました。この状況は航空整備士たちにも影響を与えています。安全に飛行機を運行させるための整備士も不足しています。

日本は少子高齢化なのになぜ整備士が不足するのか
日本は少子高齢化のただなかにあります。今後日本の総人口は減少の一途をたどります。将来の展望を考えると、航空業界は事業規模の縮小を迫られるように見えるかもしれません。しかし実情は異なります。日本はグローバル化の波に乗り、海外からも多くの観光客やビジネス客が訪れるようになりました。世界人口は増加していますから、世界の需要を満たすため、日本の航空会社もサービスの向上に加えて増便をする必要があります。航空会社の保有機材が増加すればその分整備士が必要になるため、整備士不足は今後も続きます。

外資系の航空会社も整備士不足
人口が急激に増加している中国やインドなどの新興国は、経済成長も著しいため、交通網の整備などの社会的なインフラを確立することが急務となっています。新興国では新たな航空会社が次々と誕生し、日本にも乗り入れるようになっています。外資系の航空会社は整備士が不足している企業が少なくないため、慢性的な整備士不足を補うため、日本の航空整備士を雇用する会社が増えています。需要と供給のバランスを考えると、需要のほうがはるかに大きいため、整備士不足が生じているのです。

アジアのハブ空港としての役割が増加する日本の空港
これまで海外の玄関口といえば成田空港でしたが、その状況は変化しています。関西国際空港やセントレアといった空港の利用者数が増加し、発着する便も増加しています。アジアのハブ空港としての役割を果たす空港が増加しているため、離着陸を行う飛行機を整備するための整備士の必要がかつてなく高まっています。この状況は整備士不足を招いています。フライト数は増加傾向にあり、前述のようにLCCの参入によりその数はさらに増えています。こうした必要を満たすため、整備士が必要とされているのです。今も将来も整備士は不足する状況が続くことが分かります。言い換えるなら、整備士にとって売り手市場となっているのです。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.