航空整備士の退職金相場は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士の退職金相場は?

航空整備士の退職金相場は?

職業を選ぶ際に考える重要なポイントは年収かもしれません。年収500万円前後は日本のサラリーマンの平均とされています。この年収を基準にして高いか低いかを考える人も多くいます。年収と同じように重要なポイントとなっているのは退職金です。定年退職までの何十年間働くことである程度の蓄えがありますが、老後の生活を考えると退職金の有無や金額は重要になります。

航空整備士の退職金相場は幾ら位でしょうか。結論は、企業や役職により異なるでしょう。退職金はかなりの程度、勤続年数や企業の規模、役職によって影響を受けます。勤続年数が長ければ退職金も多くなります。大企業であれば確実に中小規模に比べて、退職金を期待できます。役職がなければ、長年働いていても高額の退職金は望めないでしょう。航空整備士も退職金制度を利用して、加入期間に応じた退職金が支給されています。一括で受けとることもできますし、分割支給という形で受け取ることも可能です。

航空整備士全体の平均給与は約35万円程度という調査結果があります。やはり大手企業であればさらに高くなりますし、LCC(ローコストキャリア)航空会社で働くならば若干低くなる傾向があります。それぞれの企業の平均年収や給与から、退職金の相場をある程度算定することができるでしょう。

もし航空整備士として働くことを希望し、将来的に退職金を多く受け取ることを期待するのであれば、官公庁や自衛隊員として働くことがおすすめです。この場合は企業によって異なる民間とは異なり、公務員の規定に基づいて退職金が支給されることになります。そのため同じ航空整備士であっても、民間で退職を迎えるよりも高額の退職金を受け取ることができます。自衛隊であっても、退職金の算定方法は基本給や勤続年数、役職によって異なります。

民間整備会社で働く航空整備士の仕事はハードワークであり、勤務時間も夜勤があったり時間外勤務がある事が殆どとされています。また航空業界の技術進歩に伴って、航空整備士たちも整備技術や点検方法などを常に勉強しなければいけません。資格取得後も勉強を続けることが必要な職業の一つです。そうした努力に見合うだけの報酬が得られないと考えて離職してしまう航空整備士も比較的多くいます。航空整備士としての職業を希望しているものの、収入面や福利厚生、退職金などの面で納得できない部分があるならば公務員として働く方法を考えてみることもできます。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.