航空整備士を辞めたい時は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士を辞めたい時は?

航空整備士を辞めたい時は?

航空整備士として勤務している会社を辞めたい場合、退職届を会社に提出します。辞める理由として同業他社への転職や、起業などがあるかもしれませんが、退職届を出す場合にはタイミングが大切です。航空整備士はこれまでしてきた仕事を同僚に引き継ぐ必要があります。飛行機整備で必要な情報は膨大な量になりますから、ある程度時間をかけて丁寧に引き継ぐことが大切です。もし仕事を辞める場合には、少なくとも1カ月〜2カ月前には届けるようにしましょう。直前に提出すると、会社側は難色を示すかもしれません。立つ鳥跡を濁さずのことわざの通り、道理をわきまえた行動をおすすめします。

退職届と退職願は違う
退職届と退職願を混同している人が時折いますが、それぞれ意味が異なります。退職届とは退職を辞めることを確実に伝える届け出のことです。退職届を提出した後に気が変わったとしても、撤回はできません。退職願は退職届よりも拘束力が緩めです。退職願を提出してから、やっぱり今の仕事を続けたいと思うようになった場合には、退職願を撤回できます。確実に辞めたい場合には退職届を、少しでも迷いがある場合には退職願を出すようにしましょう。

退職届と退職願の記入方法
退職届を提出する場合、縦書きで記入するのが基本です。必要な内容は次の通りです。

・退職届の記載
・退職届を記入した日付
・勤務先の社名、代表取締役社長のフルネーム
・所属部署の記入と捺印
・退職理由(一身上の都合で…と記入する)と退職日付
・封筒の表面には退職届、裏面には所属部署、氏名を記載

退職届は楷書で記入し、代表取締役の氏名を記入する場合は敬称を「殿」にします。

退職願は退職届と記入する順番が若干異なります。
・退職願の記載
・「私事」を行末に記入
・退職希望理由(一身上の都合により…と記入)及び退職希望日付
・退職願を記入した日付
・所属部署、氏名、捺印
・会社名と代表取締役氏名

退職願は先に退職希望理由を記入する点が退職届と異なります。代表取締役の敬称は退職届と同じ敬称を使用してください。

航空整備士を辞める場合はだれに提出するか

航空整備士を辞める場合、退職届もしくは退職願を自分のデスクの上や上司のデスクの上に置いたままにするのはマナー違反です。テレビドラマなどではそのような光景が描写されることがありますが、実際にそのようなことをしてはいけません。必ず直属の上司に退職届もしくは退職願を手渡しましょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.