航空整備士は忙しい?きつい?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士は忙しい?きつい?

航空整備士は忙しい?きつい?

航空整備士は安全に輸送するための飛行機を整備する重い責任を担っています。社会のためになる仕事ですから、やりがいがあります。もちろん飛行機を整備するため、体力は必要ですし、部品を整備する際の知識や技術力も必要です。航空整備士たちは責任感を持って業務にあたるため、自分の仕事に誇りをもっている人たちはたくさんいます。これから航空整備士として働きたいと思っている場合、心配になるのが仕事の内容です。整備士の仕事は忙しかったり、きつかったりするのでしょうか、それらの情報をまとめてみました。

飛行機の整備はタイムリミットがある
航空整備士の仕事は時間との戦いです。フライトを終えた飛行機が格納庫に入り、メンテナンスを受けます。航空整備士は飛行機の状態をチェックし、部品の交換や修理などを行います。求められるのは整備の正確さと、限られた時間内に仕事を終えることです。飛行機のフライトスケジュールはあらかじめ設定されているため、どの機材をどの路線で使用するかが決まっています。仮に故障などが生じると、他の機材をあてがう必要があります。機材が足りない場合にはダイヤが遅延したり、欠航したりします。これは乗客にとっても、飛行機会社にとっても大きな損失になります。正確なダイヤで運行するため、航空整備士は時間内で整備を行います。タイムリミットが限られている場合は、かなり忙しくなってしまうのは仕方ないといえるでしょう。

油汚れは仕事の勲章
飛行機にはたくさんの油圧系統があり、それぞれを整備する際にはどうしても汚れが付着します。整備士の宿命ともいえるのが油汚れです。作業着は汚れますし、手も油まみれになることは日常茶飯事です。整備士は汚れを気にしていては仕事になりません。潔癖症の人には向いていない仕事かもしれません。航空整備士たちは仕事上の汚れを勲章とみなしています。そうすることで、誇りをもって仕事に携わることができます。

肉体労働が伴う
飛行機の整備は体力が必要です。格納庫での整備ですから雨に濡れる心配はありませんが、夏の暑さをしのぐことはできません。飛行機をチェックして整備を行う場合、重い部品を扱うこともよくあります。仕事の分類としては肉体労働になるため、中にはきつい仕事だと感じる人もいるかもしれませんが、それほど多くはありません。現場で働く整備士たちは仕事を愛しているので、きつい仕事だと感じることなく整備に携わっているからです。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.