航空整備士の将来性は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士の将来性は?

航空整備士の将来性は?

世界中で利用されている乗り物、航空機。乗客、貨物などあらゆるものを輸送するために活用されています。長距離を移動する際には、まず考える移動手段でもあります。それほど、便利で安全性のある乗り物であるとみなされています。今後、どれ程の技術革新があるかは定かではありませんが、航空機は移動手段の一つとして万人に利用されると考えられます。そのため、航空機の整備を行う航空整備士としての仕事は今後も必要不可欠であることがわかります。航空整備士の仕事がなくなる時は、航空機にとって代わる移動手動や乗り物が誕生する時だといえます。

日本においては、羽田空港の再拡張、成田空港の滑走路延伸に裏付けされるように、航空機の発着数が毎年増加傾向にあります。航空機が多く空港にあるということは、それだけ航空整備士も必要になります。現在でも航空整備士の需要は高まっています。そして数年前からLCC(ローコストキャリア)が日本にも進出し、航空機業界自体が多様化しているので、それぞれのニーズに合わせた航空整備士が必要とされています。こうした点を考慮しても、今後の日本においても航空整備士がより活躍できる環境が拡大すると期待できます。しかし競争も激しくなっているのは事実です。航空整備士が個人として努力し技術を向上させること、積極的に上位資格の取得を目指すことは重要なポイントとなってくるでしょう。

近年では各航空会社において、新入社員の教育にかかるコストや時間を削減することが一つの課題とされています。つまり現場ですぐに活躍することができる、即戦力となる人材確保が重要視されています。こうしたニーズに答えるためにも、航空専門学校の中には二等航空整備士よりも上級である一等航空運航整備士の資格が取れる学科やコースも誕生しています。こうしたコースを設けている学校に入学することで、将来は有利に就職を進めることができるようになります。

時代と共に、航空機自体も航空機に使用されている部品も精密化や高度化が進んでいます。そのため難関である航空整備士資格を取得したとしてもそこで勉強を辞めるわけにはいきません。技術の進歩と共に技術者である航空整備士も進歩する必要が求められています。常に最先端技術についていくためには、常に勉強をしなければいけません。つまり航空整備士としての勉強を続け、自分の技術を向上させ続けることができれば、航空整備士としての明るい将来が約束されているといえます。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.