航空整備士は忙しい?きつい?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士は忙しい?きつい?

航空整備士は忙しい?きつい?

航空整備士は国家資格ですから、資格試験に合格する必要があります。航空整備士の資格は次の通りです。

実務経験が必要な資格:
・一等航空整備士(大型航空機の整備):ライン整備、ドック(格納庫)整備

専門教育機関で取得可能な資格:
・一等航空運航整備士:(大型航空機の整備):ライン整備
・二等航空整備士(小型機の整備):ライン整備、ドック(格納庫)整備
・二等航空運航整備士:ライン整備

航空整備士資格は専門学校で取得できるものと、実務経験が必要なものとがあります。一行航空整備士になるためには、実務経験が4年以上必要になるため、まずは二等航空整備士か一等航空運航整備士資格を取得し、整備士として勤務してから取得することになります。

資格取得の難易度
航空整備士は国家資格ですが、専門学校に通うことで必ずと言っていいほど合格できる資格です。これはお金を出せば取得できる資格という意味ではなく、専門学校での教育課程を修了することで試験に合格できるだけの実力を養成できるという意味のことです。つまり航空整備士の資格を取得するためには、航空専門学校に通うのが合格の近道です。中には独学で学ぼうとする人もいますが、専門学校のように合格できるのでしょうか。

独学での資格取得はかなり高いハードルになる
独学で航空整備士の資格を取得する人もまれにいますが、試験の難易度が高いため、独学で合格するのはかなり高いハードルになることを覚悟しなければなりません。航空整備士に関する参考書は出版されていますが、資格取得で必要なのは経験です。航空整備士の資格試験は筆記試験と実地試験に分かれているため、筆記試験にパスしたとしても、実地試験で不合格になる人が多いのが実情です。専門学校のように実務を学べる教育機関に行かない限り、独学で取得するのは難しいと考えたほうが良いでしょう。

一等航空整備士になるには
前述のように一等航空整備士になるためには実務経験を4年間積む必要があります。一等航空整備士の資格を取得すれば、ジャンボジェット機の整備ができるようになるため、収入アップにつながりますが、すぐに取得できる資格ではないため、資格取得に向けたビジョンを描いておくことが大切です。専門学校でまずは何らかの航空整備士資格を取得し、航空会社もしくは関連会社に就職してから実務経験を積み、一級航空整備士を目指すようにしてください。一級航空整備士資格はさらに難易度が高いため、1回で試験にパスするのは並大抵のことではないことも覚えておくとよいでしょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.