航空整備士の再就職事情は?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士の再就職事情は?

航空整備士の再就職事情は?

どんな仕事でも、実際に従事してみると当初の想像とは違う部分が見えてくるものです。その違いに納得できない場合には、残念ながら離職することになるでしょう。航空整備士にもそれは当てはまります。小さい頃からの憧れを持って、航空整備士になった方も多いですが実際に仕事に就くとハードワークであったり、給与面で納得いかない面があったり、不規則な仕事パターンなどが理由で航空整備士としての仕事を辞めてしまうようです。

空港が24時間体制であればそれに伴って夜間であっても航空機の整備や点検を行う必要があります。また不備があれば時間外勤務になることも多々あります。航空整備士の年収は年齢をベースにした基本給に諸手当が含まれて算定されるのが基本となっています。整備士全体の年収でも600万円以上であれば高い方とされています。30代であれば約300万円から400万円程度です。

航空整備士が離職した後は、どの様な方面で再就職することができるでしょうか。まず1つは同じ業界で引き続き航空整備士として働くことです。同じ仕事であれば、仕事量や収入面ではそれほど差はないように感じますが、やはり業界の中にも好待遇の企業があります。諸手当が充実していて収入アップを望める場合もあるでしょう。ほとんどの会社でもシフト制での勤務が基本となっていますが、そのような中でもある程度の融通が利く勤務形態であれば、ストレスを溜めることなく働くことも可能です。ここ数年でLCC(ローコストキャリア)が日本にも数多く進出してきているので、航空整備士が活躍できる企業は今後も増加することが予想されます。

別の方法は公務員として再就職することです。とりわけ航空整備士としての資格を取得していて、経験年数もあるならば自衛隊などでもその技術を発揮させることができます。また当初はやる気に満ちて民間企業に航空整備士として就職したものの、職場での人間関係が上手にできずに辞めてしまった場合でも、自衛隊に入隊することで更に上位の資格を取得して、技術と専門知識を身につけることも可能です。資格を取得していないならば、入隊後にどの部隊に配属されるかはわかりませんが、航空整備士資格を所得して入隊するならば、自衛隊員としての基礎訓練を受けた後に航空機整備員として部隊に配属される可能性が高くなります。もちろん整備員としての業務だけではなく隊員としての訓練も行う必要はあります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.