航空整備士で年収1000万は可能?

航空整備士の転職TOP >> FAQ >> 航空整備士で年収1000万は可能?

航空整備士で年収1000万は可能?

年収1000万円という数字は誰もが一度は夢見る、目標とする金額かもしれません。年収1000万円が可能とされる職業は幾つかあり、人気を集めています。例えば、医師や弁護士、パイロットなどは平均年収1000万円程度とされています。これらの職業に共通しているのは国家資格が必要とされる職業です。国家資格は一般的な免許や資格と比較しても取得が難しいとされています。そのために何年も専門学校や大学で勉強する必要があるからです。では国家資格でもある航空整備士も年収1000万円を稼ぐことは可能でしょうか。

航空整備士の給与は年齢をベースにした基本給と諸手当によって計算されることが多いです。諸手当には夜勤手当や通勤手当、資格手当など様々です。こうした手当によって整備士の給与には差が出ると言われています。航空専門学校や大学を卒業した航空整備士が就職する場合、初任給は約19万円から24万円程度が相場とされています。殆どの新入航空整備士は二等の国家資格を取得しています。就職後さらに経験を積むことで一等航空整備士の受験資格を取得して、資格取得を目指すことができます。一等航空整備士の資格を取得できれば、もちろん給与は高くなります。どれ位上がるでしょうか。平均年収は30代では約400万円前後、40代では600万円前後が相場とされています。全体で見ても年収が600万円以上あれば高い傾向にあるといえます。最も多いのは500万円程度です。

航空整備士の中には技術や経験、役職などによって年収1000万円を稼いでいる整備士もいるでしょう。しかしそうした人は全体の中で非常にわずかな人数であると考えられます。航空整備士の業務内容は決して楽なものではありません。夜昼に関わりなく、点検と整備を迅速にミスなく果たすことが求められます。また夏は暑く冬は寒い中での作業になります。時間外勤務が多くなる傾向がありますし、仕事以外の時間にも最新技術に遅れずについていくためには勉強が欠かせません。実際、ほとんどの航空整備士たちは資格取得後も変わらず勉強を続けています。こうした点を考えると給与が割に合わないと考えて辞めてしまう航空整備士も中にはいるようです。

航空整備士として働いている人の多くは、給与以上に自分の仕事にやりがいを感じ満足感を得ている傾向にあります。自分が整備する航空機によって多くの乗客や貨物を世界中に運ぶことができ、また子供に夢を与える職業の一つでもあります。年収1000万円は難しいですが、航空整備士は非常に魅力的な職業であるといえます。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.