残業が少ない航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 残業が少ない航空整備士の求人

残業が少ない航空整備士の求人

最近では、仕事だけでなくプライベートの時間も大切にすることを推進する、ワークライフバランスへの視点が注目されています。航空整備士業界においても、この流れを受けて、残業が少ない仕事のあり方が話題になる機会が増えてきており、残業が多いか少ないかによって、転職先を決めているといったひとも少なくありません。

残業が少ない航空整備士の求人案件としては、大手の航空会社や大企業の航空整備会社で、管理職などのマネジメントスタッフとして働くというものがあります。民間、特にジャンボ機などの大型旅客機を運航している企業に就職をすると、現場の航空整備士はいわゆる激務に見舞われることが少なくありません。これは、限られた時間のなかで航空機の整備や修理を行わなければならないこと、そして少しでも疑わしい問題が発生したら、昼夜を問わずすぐに原因を追求し、解決への対応が求められていること、という事情があります。ところが、マネジメントのポジションでの仕事ということになると、現場のように24時間体制、年中無休での対応は求められることはありません。もちろん、大きなトラブルなどには責任者として対応をしなければなりませんが、基本的には強制的に残業が求められるといったことはなく、自分の裁量でスケジュールを調整することが許されるのが一般的です。

そのほか、残業が少ない航空整備士としては、航空機メーカーなどの製造側の求人案件を検討するという方法もあります。納期が迫っている繁忙期などになると、どうしても残業をしなければ処理しきれないといったこともありますが、基本的には残業の少ない仕事のひとつです。メーカーによって、航空機本体を製造している企業や搭載している電子機器や計器を専門に担当している会社など、専門分野が異なりますので、自分の興味や得意な分野に合わせて検討するといいでしょう。

なお、航空機メーカーへの転職であっても、2等航空整備士や2等航空運航整備士の資格を持っていたりすることで、手当てが支給されるなどのメリットを享受することができます。さらに、1等航空整備士の資格を取得することができれば、航空機のさまざまなパーツや構造について深い知識を備えているとみなされますので、より良い条件で働けるようになります。ただし、1等航空整備士の資格は航空機の機種ごとにライセンスが定められていますので、取得するのはなかなかの難関でもあります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.