激務でない航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 激務でない航空整備士の求人

激務でない航空整備士の求人

航空整備士の業界のなかでも、特に民間の旅客機のドック整備を行う仕事においては、年中無休、24時間体制で整備やメンテナンスを行わなければなりません。そのため、航空整備士たちはシフト制で仕事をしており、勤務スケジュールがどうしても不規則になってしまいます。もちろん、残業手当てや深夜勤務手当て、休日出勤手当てなどの各種手当てが充実しているところが多く、経済的なカバーはされていますが、やはり激務であることに変わりはありません。

激務でない航空整備士の求人案件としては、航空機メーカーや航空計器メーカー、航空エンジニアリング系企業などから検討をしてみることをおすすめします。これらの企業では、航空機本体や各種パーツ、計器などを製造する業務を行っているため、繁忙期をのぞいてはカレンダー通りの勤務スケジュールを採用しているところがほとんどです。空港のスポットや格納庫などの現場と比べて勤務スケジュールも安定していますので、泊まり込みで作業をしたり休日にも出勤して働いたり、といったイレギュラーな対応はほとんどないでしょう。

あるいは、すでに航空整備士として働いた経験があり、二等航空整備士や二等航空運行整備士の国家資格を取得済みというのであれば、大手航空会社の総合職に転職するという方法もあります。総合職のなかでも、技術系のマネジメントを行う部門を対象にすれば、航空整備士のキャリアで蓄積したノウハウやスキルを大いに活用することができますし、将来の幹部候補として研鑽を積むこともできます。大手の航空会社などにおいては、これらの職種は比較的勤務スケジュールがカレンダー通りであるところがほとんどですので、激務で夜も眠れないといった心配をする必要はありません。ただし、管理職としてのスキルアップを目指すのであれば、一等航空整備士か一等航空運行整備士の資格があるとより好ましいでしょう。

このように、激務で知られる航空整備士のフィールドにも、それほど激務ではない働き方があります。もしあなたが30代後半以降の世代に属しているのであれば、ワークライフバランスを考えてこういった職種を目指すというのも、ひとつの選択になるでしょう。まだ20代でバリバリとキャリアを積んでいきたいというのであれば、民間の旅客機を現場で整備する航空整備士として、将来の管理職を視野に入れながら働くというのも、実績を積み上げるのにはとても役に立つでしょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.