未経験でもスタートできる航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 未経験でもスタートできる航空整備士の求人

未経験でもスタートできる航空整備士の求人

20代であれば、航空整備士をまったくの未経験から始めるというのは、特に問題はないでしょう。これまで一般企業に就職をして働いてみたものの、幼いころに憧れていた飛行機の整備士としてやっぱり働きたい、そういう夢の実現を行うためには、20代という年齢は遅くはありません。社会人として会社で働くというのは、学生のころに思い描いていた想像とは大きく異なるものです。実際に働いてみて、その結果として自分のやりたいことが見えてくるということは珍しくありませんので、20代から航空整備士の国家資格を取るために勉強を始めることについて、気後れを感じる必要はまったくありません。

ただし、効率的かつスムーズに資格を取得したいと誰もが考えるものです。航空整備士の資格を取得する最短の方法は、決められた航空専門学校に入学することです。専門学校を選ぶ際には、国土交通代大臣から認定を受けた、航空従事者養成施設として運営されているところを選びましょう。これらの学校では、大手の航空会社と業務提携を行っていることもあって、各社の航空整備の現場に見学に訪れて、実際に先輩の航空整備士がどのように仕事を行っているのかを目の前にすることができます。なかには、数週間程度のインターンを実施しているところもありますので、教室やテキストだけでは学ぶことのできない、現場ならではの密度の濃い内容を身につけることにもつながります。

航空従事者養成施設の最大のメリットは、修了する前に行われる技能試験をクリアすることで、2等航空整備士か2等航空運行整備士の資格を取得することができるということにあります。なかには、2等の資格よりもより高度な1等航空運行整備士の資格を取得するための養成コースが用意されているところもあり、こちらはさすがに狭き門となっています。いずれにしても、一般的にこれらの国家資格試験を受験するためには、整備を実際に行った経験が3年以上あることが必須とされていますので、学校に通うことで得られるメリットがどれほど大きなものか、おわかりいただけるでしょう。

特にあなたが30代以上に属していて、航空整備士としてまったく未経験の状態から転職活動をするのであれば、ここで紹介した方法で2等航空整備士か2等航空運行整備士の資格を取得しておくことをおすすめします。これらの資格があるだけで、転職活動を成功させるための可能性がグンと大きなものに変わります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.