未経験okの航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 未経験okの航空整備士の求人

未経験okの航空整備士の求人

航空整備士を対象とした求人案件のうち、未経験okとしているものにはどのようなものがあるのでしょうか。この場合の未経験とは、空港のスポットや格納庫などにおいて、航空機の整備業務を実際に行ったことがないということを意味しており、航空整備士の国家資格を取得しているかどうかとは関係がありません。そこで、国家資格を取得している場合とこれから取得する場合で、求人案件は異なります。

すでに航空整備士の国家資格を取得しているケースでは、20代から30代、40代程度の年代まで比較的選択肢の多いなかから転職活動を進めていける可能性があります。この場合、多くのひとが2等航空整備士か2等航空運行整備士の資格を持っているかと思いますが、これらの資格があることで、採用する企業側としてもそのひとの専門的な知識や航空整備士としての高度なスキルを期待することができますので、ポテンシャルを含めた採用枠で採用審査を行います。そのため、資格を持たない候補者に比べてより有利に転職活動を行えます。

40代後半を超えてからの転職となると、1等航空整備士の国家資格がないと、まったくの未経験からの転職活動は厳しくなるでしょう。ただし、一般企業での管理職経験者など、マネジメント業務の実績があれば、航空会社の管理職候補として、総合職の技術系部門への転職を検討することができます。

20代から30代でこれから航空整備士の国家資格を取得しようというひとは、時間を効率的に利用するため、航空専門学校に入学するようにしましょう。2等航空整備士であれば3年間の養成コースが用意されており、修了試験に合格すれば晴れて国家資格を手に入れることができます。なお、このシステムが適用されるのは、航空従事者養成施設に限定されていますので、航空専門学校を選ぶ際にきちんと確認しておきましょう。

もちろん、転職をした後に国家資格を取得するための準備を始めることが許されている職場もあります。特に、大手の航空会社に20代で入社したスタッフの場合、社内の研修制度や人材教育システムを利用して、2等航空整備士の国家資格試験のための勉強をサポートしてくれるところがあります。航空整備士としてのキャリアのある先輩が担当していますので、こちらの場合でも効率的に試験勉強を進めていけるでしょう。1等航空整備士の資格を取得するまでには、より多くの時間を費やして勉強をする必要がありますので、なによりも根気と努力が必要な業界です。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.