休みがとりやすい航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 休みがとりやすい航空整備士の求人

休みがとりやすい航空整備士の求人

休みがとりやすい航空整備士の仕事となると、民間の航空会社や航空整備会社であればライン整備のスタッフなどがあります。空港などでの整備には、ライン整備やドック整備、ショップ整備がありますが、ドック整備やショップ整備の場合、自分たちのチームが担当するパーツなどに不具合や不備があった場合、それがきちんと解消されるまで対応しなければなりません。ジェット機などがドック整備に入ると、1ヶ月から2ヶ月程度をかけて集中的にメンテナンスを行いますが、その期間の終わりまでには必ず仕上げなければなりません。

一方、ライン整備は空港のスポットと呼ばれる駐機場で点検や整備を行います。対象となる航空機は実際に運行している発着便に限定され、到着してからその次のフライトで出発するまでというとても限られた時間で作業を行います。1機あたりにかけられる時間は、およそ40分から1時間程度ととても短いため、高い集中力が必要とされる仕事です。ライン整備をメインで担当できるようになるためには、1等航空整備士あるいは1等航空運行整備士の資格が必要とさるため、誰にでもできる仕事ではありませんが、その分残業がほとんどないなど、休みがとりやすいというメリットがあります。

ほかにも、比較的休みをとることのできる職種としては、航空機の本体を製造したり、航空機に搭載されている計器を専門で作ったりしている、航空機関連メーカーがあります。これらの職種においても、航空機の構造やさまざまなパーツに関する高度な専門知識が必要とされますので、航空整備士の資格がとても重要視されます。2等航空整備士の資格を持っていることで得られる手当てに比べて、やはり1等航空整備士の資格の取得者の方が手当てがあつく、待遇面でも大きな差が生じます。

このように、航空整備士の資格を活用した働き方も、休みをとりやすいかどうかという観点で見ていくと、職種によって特徴があることがわかります。旅客機や防災ヘリなど、旅客運航サービスや運輸サービス、防災サービスなどの目的のために貢献する航空整備士となると、どうしてもスケジュールが思い通りにいかないのに比べて、それらのサービスを支える業界や職種であれば、ライフワークバランスを考えながら仕事をすることができる、ということがわかります。あとは、自分がどちらの働き方を選んでいきたいのか、希望を明確にしておくために、常日頃から自分と向き合っておくといいでしょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.