海外勤務の可能性のある航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 海外勤務の可能性のある航空整備士の求人

海外勤務の可能性のある航空整備士の求人

航空整備士の資格を活用しながら、海外でも働きたいと思っているひとは、意外に多いのではないでしょうか。すでにご存知のように、航空整備士の業界においては、英語が公用語とされています。つまり、分厚い整備マニュアルはすべて英語ですし、整備やメンテナンスのスケジュールや結果を記入する各種書類もすべて英語で記入します。パイロットや管制官などとの交信も基本的には英語ですので、読み書き、そして話すすべてにおいて、英語を使うことができるというのも、航空整備士として働くために必要なスキルのひとつです。

そのため、得意不得意はありますが、航空整備士として働いているひとの多くは、英語に対してそれほど抵抗感を抱いていない傾向にあります。そのため、海外と関わりながら仕事をしていきたいと思った場合でも、比較的スムーズに準備を進めることができます。もちろん、整備やメンテナンスで使用する英語は、フレーズもシンプルですので、そのまま海外の職場で日常的な会話を行えるといったことはありません。海外で働くための英会話となると、やはり民間の英会話教室に通うなど、きちんと対策を行っておきましょう。

これまでに航空整備士として仕事をした経験がまったくなかったり、航空整備士の資格を取得していなかったりといったケースでは、まずは資格の取得から準備を始めます。もっともスムーズに資格を取得できる方法としては、航空従事者養成施設の認定を受けている航空専門学校に入学して、2等航空整備士養成コースなどの専門コースを受講することです。無事に修了すると同時に、国家資格を取得することができます。これらの資格があれば、転職活動もより順調に進められます。

海外でも働ける航空整備士の求人案件としては、外資系の航空会社や大手の航空会社の整備部門で働くというものがあります。これらの企業においては、海外の空港でも業務を展開しているため、3年ごとの転勤といった機会で、海外に赴くことがあります。海外転勤のメリットは、仕事をしながら外国の文化に触れたり、海外での整備やメンテナンスのやり方、メソッドなどを目にしたりするチャンスがあるということでしょう。航空整備士は世界のあらゆるところで必要とされる職種のひとつですが、それぞれの国によって細かなメソッドが異なる場合があります。ワールドワイドな立場になった航空整備士として成長するべく、一つひとつの機会を無駄にすることのないように心がけましょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.