ボーナスが見込める航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> ボーナスが見込める航空整備士の求人

ボーナスが見込める航空整備士の求人

航空整備士の資格を活用できる求人案件のなかで、ボーナスを見込めるものとしては、いくつかあります。まず、大手の航空会社や航空機整備会社があります。外資系の企業では、年俸制を採用しているところが多くありますが、最近では日本の商習慣にならって、ボーナスを用意するところも増えてきています。また、大手の航空機メーカーや航空計器メーカー、航空エンジニアリング系の会社などでも、同じようにボーナスを見込むことができます。

航空整備士の国家資格を持っているひとに意外と人気のある職種が、公務員です。意外に思われるかもしれませんが、警察や消防署、海上保安庁などの官公庁においては、救助用、防災用にヘリコプターなどを所有しており、航空整備士による整備やメンテナンスが必要とされています。

ほかにも、テレビ局やラジオ局、新聞社などでは、事件の現場にいち早く訪れて取材をするために、ヘリコプターやセスナを所有しています。そういった航空機を民間の航空機使用事業会社からレンタルしたり、サービスを別途利用したりしているところもありますが、自社で所有しているメディアが少なくありません。こういった職場でも、ボーナスを見込むことができます。

このように、航空整備士として働きながら、ボーナスを見込めるフィールドとしては、さまざまなところがあることがわかります。民間企業、公的機関を含めて、比較的ボーナスが支給される職場が多いのが、航空整備士の働く業界の特徴と言えます。もちろん、それぞれの企業や組織の経営状況などに応じて、見込まれるボーナスの額面は異なりますので、気になるひとは求人案件を確認するなどしてこれまでの実績について確認をしましょう。

旅客機を専門に整備やメンテナンスを行う航空整備士は、どうしても勤務スケジュールが不規則になりがちです。特に空港のスポットや格納庫などにおいて実施されるライン整備やドック整備は24時間、年中無休で行われていますので、万が一自分が担当した箇所に不具合が発見されると、休み返上で対応することが求められます。そのため、ボーナスを見込むだけでなく、時間外労働手当てや深夜業務に際しての手当てなど、航空整備士として働く時間のすべてについて、どのような手当てが用意されているのかを確認しておくように心がけましょう。転職活動の際にきちんと確認しておかないと、こんなはずではなかったと後悔することにもなりかねません。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.