50代向けの航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 50代向けの航空整備士の求人

50代向けの航空整備士の求人

50代をターゲットにした航空整備士の求人案件としては、一等航空整備士の国家資格を取得しているひとが主な対象となります。つまり、航空整備のフィールドにおいて即戦力として活躍できるポテンシャルがあること、そしてチームをまとめてリードしていくだけの実績と技術力があることが期待されている、ということです。つまり、50代の求人案件としては、航空整備士の現場をとりまとめる管理職としての立場がメインとなります。

50代が特に活躍する現場としては、決められた就航距離あるいは就航回数を超えた航空機が重点的な点検、整備を受けるドック整備において、数多くの航空整備士をとりまとめて予定通りに整備業務を進行したり、何らかの問題やトラブルが発生したときに適切な対応を決断したりする、ドック整備のリーダーがあります。ほかにも、到着機が別のフライトで出発するまでの限られた時間内に効率的な点検整備を実施するライン整備の現場は、50代を中心としたベテランが活躍する現場のひとつとして知られています。

あるいは、50代で一等航空整備士の資格があり、これまでに整備士としての豊富な実績があるのであれば、航空会社の技術系の管理職として転職をしたり、整備会社のマネジメントスタッフとして仕事をしたりという道もあります。整備の現場での仕事は年中無休、24時間体制となりますので、どうしても不規則になりがちです。また、緊急事態には休みであっても対応をしなければならないこともあり、年代的にも負担が大きく感じられることが少なくありません。そのため、技術畑での経験を活かし、より会社の事業企画や運用面においての業務にシフトすることで、身体に負担をかけることなく、これまでのキャリアを活用した働き方をすることができるようになります。

その際、大手の航空会社に決めるのか、あるいは中小規模の企業を狙うのかによっても、その後の働き方は異なります。大企業の場合には、業務の細分化が徹底している傾向にありますので、管理職と言っても担当する業務の範囲、責任の範囲は限定的です。一方、中小規模の企業であれば、管理職一人ひとりが担当する業務の範囲がより広く、担う責任もより大きく、重くなる傾向があります。自分のポテンシャルを信じてその拡大を目的として転職活動を行うのであれば、大企業以外のフィールドを選択肢のひとつに入れて検討してみることをおすすめします。いずれにしても、管理職としてどのように働きたいかをクリアにしておきましょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.