40代向けの航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 40代向けの航空整備士の求人

40代向けの航空整備士の求人

航空整備士の国家資格を活用して転職活動を行うにあたり、40代ならではのポイントがあります。航空整備士の業界における40代は実績の積み上げもあり、ベテランとして新人整備士の指導を行う立場も期待されます。管理職として登用される機会も多くなり、チームをまとめあげていくパフォーマンスが必要とされることも少なくありません。そのため、転職活動を行うにあたっては、一等航空整備士か一等航空運航整備士の国家資格を取得していることが前提とされるのが一般的です。

航空整備士の国家資格を持ちながら、これまでに整備士として働いたことのない40代であれば、航空会社の総合職としての転職を検討するといいいでしょう。やはり、この年代でライン整備やドック整備、ショップ整備のフィールドで働くのであれば、ある程度の実績があることが前提となります。特にこの年代で現場に転職するのであれば、即戦力としてのパフォーマンスが期待されますので、実績があれば比較的有利な待遇を受けることのできる可能性があります。

いずれにしても、一等航空整備士の国家資格を持った40代での転職活動のシーンでは、管理職の求人案件か将来の幹部候補としての求人案件が多くなります。その前提のもとで、現場に特化したマネジメント業務を行いたいのか、より経営的なアプローチのできる総合職として研鑽をつんでいきたいのか、自分が今後どのような方向性で仕事を続けていきたいのかを決めておく必要があります。20代や30代であれば、自分の可能性を信じてさまざまな方向性に挑戦することができますが、40代での転職となると、ある意味自分にとっての本職をひとつに絞っていくことが求められると言えるでしょう。

ただし、40代で二等航空整備士や二等航空運航整備士の資格も取得しておらず、整備士として働いた経験もないのであれば、航空整備士の業界への転職をするのは現実的に厳しいということを頭に入れておきましょう。もちろんまったく不可能ということではありませんが、収入の面から考えても、40代で新人整備士として働くということはそれなりの覚悟が必要です。キャリアアップについて考えた場合でも、40代でゼロから実績を積み上げていくというのは、人一倍の努力がなければある程度のレベルまで到達することは難しいかもしれません。しかしそれでも、幼いころからの憧れ、夢を形にしたいという強い意志があるのであれば、チャレンジをする価値のある仕事であることは間違いありません。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.