30代向けの航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 30代向けの航空整備士の求人

30代向けの航空整備士の求人

30代ではじめて航空整備士の世界に飛び込んでみたいと思うひとは少なくありません。特に男性の場合は、幼少期に飛行機に強い憧れを抱くことが多く、その当時の想いをずっと温め続けてきて、20代で社会人として働くようになり、ようやく仕事にも慣れて余裕が出てくる30代で、幼少期の憧れが再び大きく感じられるようになることで、航空業界に転職したいと考えるようになるようです。

もしあなたが30代前半であれば、未経験であってもその夢を現実のものにすることができる可能性はありますが、30代後半に差し掛かってくると、未経験での転職活動を成功させるのは相対的に厳しくなることは頭に入れておいてください。というのも、未経験での転職となると、二等航空整備士あるいは二等航空運航整備士の国家資格を取得するところから始めなければなりませんが、これらの資格を取得するためにはたくさんのことについて学ばなければならないからです。それには、国土交通大臣から認定を受けている、航空従事者養成施設である航空専門学校に入学するのが一般的です。専門学校に通う期間は短くても3年ですので、実際に転職活動を行えるようになるまでには、ある程度の準備期間が必要なのです。

30代半ば以降の年齢で、どうしても憧れの航空業界で働きたいのであれば、まずは大手の航空会社の総合職として転職し、働きながら勉強を続けてみるという方法もあります。ただしこの場合、二等航空整備士の資格試験を受験するためには、航空整備士として見習いでも仕事をした経験が3年以上あることが必須とされていますので、社内での配置換えを申請し、整備部門で働かせてもらえるようになっていなければなりません。そのため、いろいろとハードルが高いということがおわかりいただけるのではないでしょうか。

もしすでに二等航空整備士あるいは二等航空運航整備士の資格を取得しており、整備士として働いた実績もある30代であれば、キャリアアップとしての転職活動を行うことが可能です。航空整備士のニーズのあるフィールドには、航空会社や航空機整備会社のほかに、民間の航空機使用事業会社、航空機メーカー、航空計器メーカー、テレビや新聞、ラジオなどの報道メディア、そして警察や消防、自衛隊などの官公庁などさまざまなところがあります。それぞれに求められるスキルや業務内容は異なりますので、まずは自分がどのようにおキャリアアップを行っていきたいのか、自分の思い描くキャリアを明確にしておくことが大切です。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.