二等航空整備士の航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 二等航空整備士の航空整備士の求人

二等航空整備士の航空整備士の求人

二等航空整備士の資格が活かせる求人案件は、意外とたくさんあります。基本的には、二等航空整備士が担当できる航空機の種類は、セスナ機やヘリコプターなどの中規模、小規模の航空機に限定されますが、それらの航空機については自分の責任で整備、点検、メンテナンスを行えます。つまり、二等航空整備士の国家資格を持っていることで活躍できるフィールドとしては、警察や消防署、海上保安庁などで防災や救助のために使用するセスナ機やヘリコプターの整備、メンテナンスを行う航空整備士や、テレビ局や新聞社などの報道各社が運用している取材用ヘリコプターなどのメンテナンスなどがあります。

これらの企業や組織は、全国各地に拠点を持っていますので、二等航空整備士の資格を持っていれば基本的に全国を舞台にして仕事をすることができます。また、警察や海上保安庁であれば、公務員として働くことになりますので、公務員ならではの福利厚生サービスを受けられるメリットや、公務員に対しての高い信頼性という一般的なイメージのもとで、生活を送ることができます。

もちろん、それ以外のフィールドでも活躍することができます。公務員と並んで人気の高いのが、大手の航空会社ですが、二等航空整備士の資格があることを条件している求人案件が数多くあります。実際の職場においては、先輩の一等航空整備士の指導のもと、必要なサポートや指示された内容にそくした作業を進めていくことになります。また、こういった大企業においては、二等航空整備士に整備の仕事をさせながら、一等航空整備士の国家資格を受験できるだけの実力や知識を身につけさせるため、さまざまな研修制度や教育プログラムを用意しています。会社で仕事をしながら、一等航空整備士の資格に向けた準備ができますので、とても魅力的な職場と言えるでしょう。

ほかにも、航空機メーカーや計器製造会社なども、二等航空整備士に対するニーズを持っています。これらの企業は航空機を作る側で業務を行っていますが、何万ものパーツで成り立つ航空機を適切に作り上げるためには、どうしても航空整備士の知識が必要とされます。そのため、ここでも国家試験を取得するために身につけたノウハウやスキルを役立てることができます。

このように、二等航空整備士の資格を活用して羽ばたける世界は数多くあります。なかには、働きながら一等航空整備士の勉強をすることができる環境もあるなど、とても充実したフィールドがそろっていると言えますね。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.