20代向けの航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 20代向けの航空整備士の求人

20代向けの航空整備士の求人

航空整備士になるにあたって、これまでに整備士として働いた実績もなく、航空整備士の国家資格も取得していないとなると、転職活動を成功させるのはそれほどたやすくはありません。しかしあなたがまだ20代であれば、まったくの未経験から航空整備士の世界にデビューすることは不可能ではありません。

未経験からの転職活動であれば、まずは大手の航空会社の求人案件を検討することからスタートしてみましょう。大手の企業の場合は、自社で新人の教育活動を行っていたり、充実した研修カリキュラムが整備されていたりと、人材教育の面で抜きんでている傾向にありますので、20代の未経験者であれば、大卒程度の新入社員と一緒にオリエンテーションや教育研修を受けることができます。また、中小規模の整備会社でも、近年の航空整備士の不足という状況がありますので、積極的に未経験者の採用を行っているところも増えています。そのため、20代の未経験者にとっては、比較的売り手市場になっていると言ってもいいでしょう。

20代での航空整備士業界への転職活動をより有利に進めたいのであれば、航空専門学校に通っておくことをおすすめします。国土交通大臣から認定を受けている航空従事者養成施設と呼ばれる学校であれば、3年間のコースの修了段階で実施される技能試験に合格すると、航空整備士の国家資格を受験できる資格が与えられるだけでなく、二等航空整備士資格を取得できるのが一般的です。3年間というまとまった期間は必要となりますが、専門的な知識を効率的に身につけることができるだけでなく、転職活動に有利な二等航空整備士の資格も一緒に取得できるというのは、とても大きなメリットと言えるでしょう。

20代での転職であれば、将来の幹部候補生として、管理職候補スタッフとして研鑽を積んでいくこともできます。また、ほかの業界での社会人経験があることによって、より多角的な視点で仕事に取り組むことにもなりますので、採用する企業にとっても多彩な人材を抱えることができるというメリットがあります。

転職先として検討できるフィールドには、大手の航空会社やLLCなどの中小規模の航空会社をはじめとして、整備を専門で行っている企業や航空機メーカー、航空系エンジニアリング企業、航空計器メーカー、官公庁などさまざまなフィールドがありますので、それぞれの適性やキャリアプランに合わせてチョイスをすることができる環境にあります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.