航空整備士の採用先(働く場所)

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の採用先(働く場所)

航空整備士の採用先(働く場所)

航空整備士は空の安全を守るためになくてはならない国家資格です。そのため、航空整備士の採用先にはさまざまなところがあります。誰もが思い浮かべるのが、国内外の航空会社でしょう。LCCなどの中規模の航空会社では、自社で航空整備士を抱えているところが多い一方、日本を代表する大手の航空会社などにおいては、グループ会社のなかに航空機整備会社があり、多くの航空整備士はこれらの整備会社に所属して働いています。また、こういった航空会社に属さない整備専門の企業もあり、国内外の航空会社に対して整備業務の提供を行っています。

航空整備士が働く場所としては、ほかにも民間の航空機を使った事業会社があります。例えば、セスナ機の運航やヘリコプターの運航をサービスとして提供している会社で、所有している航空機のメンテナンスを一手に引き受けています。ほかにも、航空機を製造している航空機メーカー、航空機で使用されている計器などを専門に製造する航空機系のエンジニアリングメーカー、航空計器のメーカーなどもあり、航空機に関する幅広い専門的な知識や技術を持っている航空整備士ならではの、さまざまなフィールドが用意されています。

大手航空会社では、整備部門などをトータルにマネジメントする管理職業務があり、航空整備士の国家資格を取得した社員の目指すポジションのひとつとなっています。この場合、スポットや格納庫などの現場で航空機の整備を行うというよりも、航空機整備部門が適切に運営されているかをモニタリングし、必要な設備投資や人材育成などのプランを考える、総合職のひとつとなっています。4年生の大学で航空力学や理工学系の科目を専攻し、総合職として入社したひとに人気のあるポジションです。

あるいは、警察や消防という公的なサービスにおいて、航空隊のスタッフのひとりとして働くという道もあります。公共に寄与することに強い使命感を持っているひとの多くが、航空整備士の国家資格を利用してこれらのフィールドを目指して努力を積み重ねています。ここでも、現場での高度で専門的な実績を積み重ねていきながら、将来的には幹部候補として組織の中枢で業務を行うことができる可能性があります。

このように、航空整備士という国家資格を取得することで、開かれるフィールドは多種多様です。あとは自分がどのように働きたいのか、この資格を活用してどういった社会的貢献をしたいのかを明確化することが大切です。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.