航空整備士の募集時期

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の募集時期

航空整備士の募集時期

航空整備士として転職を行うにあたっては、募集時期に合わせて準備を進めていくことが大切です。最近の航空業界のマーケットの複雑化、拡大傾向に合わせて、航空整備士の絶対数がニーズに対して不足しているということも言われており、恒常的に求人案件を提供している企業があるなど、航空整備士として働くための環境が充実する傾向にあるようです。ただし、具体的に就職をしたい航空会社や整備会社がある場合は、当然ながら募集時期はそれぞれの企業の都合によります。

好条件の求人案件が提供された際にスムーズに応募をすることができるように、日ごろからきちんと準備をしておくことが欠かせません。具体的には、転職組であれば二等航空整備士か二等航空運航整備士の国家資格を取得しておくことです。これらの国家資格を取得するためには、航空整備士として働いた実績が3年以上あることが必須とされていますので、これまでまったく異なる業界で仕事をしてきているひとにとってはとてもハードルが高いと言えます。しかし、だからと言ってあきらめる必要はありません。

これまでに航空整備士の業界以外で仕事をしてきたひとであっても、航空専門学校に通うことで航空整備士の国家資格を受験することができるようになります。航空専門学校のなかでも、航空従事者養成施設として国土交通大臣から認定を受けた学校に限定されますが、これらの学校で勉強をすることで、二等航空整備士をはじめとする国家資格の受験資格が得られます。そのため、異業種からの転職であっても、この制度を利用することで、憧れの航空整備士として第二の人生を歩むチャンスを獲得することができるのです。

ただし、無事に転職を成功したからと言って安心してはいけません。改めて言うまでもありませんが、航空整備士の世界は、常に勉強ありき、です。特に第一線で仕事をすることのできる一等航空整備士の資格については、航空機の種類に応じたライセンス制度となっています。つまり、ボーイング767の整備をすることができるからといって、ボーイング777の整備をすることは認められません。新しい機体の整備ができるようになるためには、その機体のためのライセンスを取り直す必要があるのです。そのため、航空整備士としてキャリアアップを目指すためには、常に新しいことに挑戦し続けること、いつでも学び続ける気持ちを持ち続けること、これらの心構えがなくてはならないのです。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.