航空整備士の専門学校

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の専門学校

航空整備士の専門学校

航空整備士として転職をする最短の方法は、航空専門学校に通うことです。航空専門学校とは、航空業界で働きたいと思っているひとのために、専門的で充実したピンポイントの授業を提供している学校で、さまざまな職種をターゲットにした授業を提供しています。航空整備士を養成することを目的とする航空整備科や運航整備科をはじめとして、グランドハンドリングスタッフを育成するためのエアロサポート科、パイロットを養成する操縦科など、バラエティに富んだコースを設定しています。

航空整備士を目指すひとに特に人気のある専門学校の多くは、国土交通大臣の航空従事者養成施設としての認定を受けています。この認定を受けている専門学校であれば、各コースの修了時に実施される技能試験、学科試験をパスすることで、航空整備士の国家試験を受験できる資格を与えられます。一般的に航空整備士の資格試験を受験できる条件としては、二等航空整備士の場合は3年以上の整備実績があること、一等航空整備士であれば4年以上と決められていますので、専門学校に通うことで受験資格を得ることができるというのは、とても大きなメリットがあると言えます。

航空専門学校に通うことの別のメリットとしては、実際に航空会社や航空機整備会社に訪問してプロの整備士のもとで勉強をすることができる、インターンシップ制度が導入されているということです。人気のある専門学校であればあるほど、数多くの企業と業務提携をしている傾向にありますので、実際に就職しないと経験することのできないプロの現場を数多く体験することができます。これは、教科書や映像だけで学んでいることと比べて、とても大きな収穫を期待できるカリキュラムと言えます。

また、歴史のある航空専門学校であれば、これまでの航空整備士国家試験の出題傾向について豊富な分析が行われていますので、試験の対策をより効果的に進めることができますし、指導経験の豊富な教師が数多く在籍していますので、試験勉強を続けていくなかで少しでも疑問に思ったり、不安に感じたりしたことについて、いつでも相談できる環境が整っています。航空整備士の資格を取得するためには、実にさまざまな科目について勉強をしなければなりませんので、どうしても孤独に感じる機会が多くなってしまいます。同じ境遇の同士とともに、充実した教育インフラのなかで勉強をすることで、ストレスをできるだけ軽減しながら試験対策ができるようになります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.