航空整備士の転職と研修

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の転職と研修

航空整備士の転職と研修

二等航空整備士や二等航空運航整備士の国家資格を取得するなどして、無事に航空整備の業界に転職を果たしたあとでも、さまざまなキャリアアップの機会が用意されています。というのも、航空機関連の世界においては、多くのひとが一等航空整備士の国家資格を取得することを目標に日夜努力を続けており、一等航空整備士の資格を取ることで、夢のひとつでもあるジャンボ機の整備をメインに行うことができるようになります。さらに、一等航空整備士は整備の対象となる航空機の型番ごとに細かく資格を取る必要があり、年々最新技術を搭載した新しい航空機が生み出されるのに応じて、休むことなく、向上心を持って勉強を続けていかなければなりません。

そのため、航空整備士になるためには、航空機に対する強い興味を持ち続けていられること、そして最新技術について飽くことなく学び続けていけることといった、根気強さが欠かせません。これらの勉強を継続することができなくなると、航空整備士として仕事を続けていくことが難しくなるばかりか、空の安全を脅かすリスクともなりかねません。そこで、各航空会社や航空機整備会社など、航空整備士を抱えている企業においては、航空整備士のための研修制度の整備、拡大に力を入れています。

航空整備士としてのキャリアを積み重ねていくためには、これらの研修制度を賢く利用して、ひとつでも新しいことを習得できるように努力をしていきましょう。特に、まだ二等航空整備士として仕事をしているのであれば、一日でも早く一等航空整備士の資格を取得するために、怠ることなく勉強を続けていく必要があります。一等航空整備士はライン整備など第一線で活躍をするために必要な資格です。この資格を取得することで、ジャンボ機の整備の最終承認が行えるようになり、その判断によってたくさんの乗客の安全を保証することにもなります。そのため、生半可な努力では取得することは難しく、とてもハードルの高い資格となっています。

また、ようやく一等航空整備士の資格を取得したとしても、それで終わりではありません。B777やB767など、一等航空整備士の資格は航空機の型番ごとにそれぞれ取得しなければならなくなっています。それだけ最近の航空機は型番が異なることで運航方法や整備方法が異なるなど、技術の細分化が進行しているということです。それぞれの航空機の構造やパーツのスペシャリストとして、大きな責任とやりがいのある仕事です。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.