航空整備士になるには

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士になるには

航空整備士になるには

航空整備士として働くためには、国家資格を取得することでキャリアアップを行っていくことが求められます。航空整備士の国家資格には、一等航空整備士や二等航空整備士、また一等航空運航整備士、そして二等航空運航整備士の4つの国家資格があります。航空整備は航空機のあらゆる整備を担当し、航空運航整備士は限定された範囲内で整備を行います。一等航空整備士はジャンボ機などの大型の旅客機を担当し、セスナ機やヘリコプターなどの中小型機は二等航空整備士が担当します。

まずは、二等航空運航整備士あるいは二等航空整備士の資格を取得するところからスタートしますが、これらの資格を取得するにあたっては、さまざまな科目についての知識に加えて、実地試験も課されます。そのため、一般的には高校卒業後に航空専門学校に進学したり、大学で工学系の学科を専攻したりすることになります。専門学校のなかでも、航空従事者養成施設に認定されているところでは、学内で実施される技能検査や審査に合格すると、二等航空整備士や二等航空運航整備士の国家資格を取得することができるとされています。

また、航空従事者養成施設のなかには、大手の航空会社と提携して運営することによって、卒業時に技能審査をパスすることで一等航空運航整備士の国家資格を取得することのできるカリキュラムを用意しているところが増えています。専門学校を卒業するのと同時により高度な業務を行える国家資格が付与されますので、最終関門である一等航空整備士の資格に効率的にアプローチできるようになります。

大学で工学系の勉強をする場合、航空会社や子会社の航空機整備会社の総合職、技術職として就職をするという方法もあります。入社後に各種の研修プログラムや勉強会に積極的に参加することで、二等航空整備士や二等航空運航整備士の資格の取得からスタートすることになります。

すでに社会人として働いているひとで、航空整備士として転職活動を行うのであれば、先に述べた航空専門学校などの航空従事者養成施設に入学して勉強をするのがいいでしょう。一般大学でも社会人の受け入れを行っていますが、専門学校のほうがよりピンポイントに航空整備士になるための勉強を行うことができますし、卒業時に二等航空整備士や二等航空運航整備士の国家資格を取得できるチャンスが与えられます。転職後は、一等航空整備士の国家資格の取得をめざして努力を積み重ねることになるでしょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.