航空整備士の給料・年収

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の給料・年収

航空整備士の給料・年収

航空整備士の年収、給料は年齢や取得している国家資格によって異なります。民間の航空機整備会社で働いているひとの場合、30代では年収400万円程度、40代になると年収600万円程度が相場となっています。また、航空専門学校などの航空従事者養成施設を卒業したてのケースでは、二等航空整備士あるいは二等航空運航整備士の国家資格を取得している想定であっても、整備士としての実績はありませんので、17万円程度の給料が一般的です。

航空整備士は取得している国家資格によってカバーする業務が異なります。ジャンボ機などの大型旅客機の点検、メンテナンス、修理を行うためには一等航空整備士の資格が必要になりますし、二等航空整備士であればセスナ機やヘリコプターなどの航空機が対象となります。そのため、取得している資格によって、資格手当が付与されることが多く、一等航空整備士がもっとも高い手当てを期待することができます。ほかにも、各航空会社や航空機整備会社によっては、社内資格が設定されており、フライト待ちの航空機に最終的なGOを出すことのできる、ライン整備主任者などの独自資格があります。これら社内資格の所有者にも、もちろん資格手当が付与されます。

また、航空機のメンテナンスは乗客の命を預かるためにもっとも大切な工程のひとつでもありますので、航空整備士の仕事は休みなく、24時間体制で行われます。そのため、シフト制で不規則な業務体系になることが多く、夜勤手当やシフト手当、時間外勤務手当などのさまざまな手当てがつくことになります。

このように、航空整備士という職種の特徴に合わせて、さまざまな手当てが基本給に上乗せされる給与体系となっています。基本給は会社の規模によって異なりますが、一般的には誰でも名前を知っているような大手の航空会社であれば高い基本給を期待することができます。大手企業では、会社の業績に応じて夏と冬の年間2回の賞与が支払われるところが多くなっています。より安定した収入を求めるひとのなかには、警察や消防などの航空隊に航空整備士として転職、就職することも少なくありません。

いずれのケースにおいても、最終的には一等航空整備士の国家資格を取得することによって、より高い給料、年収を得ることができるようになっています。もちろん高い手当てを期待するだけでなく、それだけに大きな責任を担うことにもなりますし、それだけやりがいのある仕事をすることができるようにもなります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.