航空整備士の転職と転勤

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の転職と転勤

航空整備士の転職と転勤

航空整備士として大手の航空会社に転職をした場合、転勤の機会があることを頭に入れておきましょう。航空機の整備は24時間体制で行われます。そして航空整備士は何万点もある航空機のパーツを各エリアにわけて、それぞれを専門に担当して仕事を進めています。そのため、自分の担当しているエリアに不具合があると、非番のときでも対応しなければならないことが少なくありませんので、仕事を優先して生活をすることが求められています。大手の航空会社では、そういう不規則なライフスタイルに加えて、転勤が求められることがあるということです。

というのも、大手の航空会社は日本国内の各地を結ぶ運航ルートを持っていますし、なかには海外にも就航しています。各地の空港に拠点を抱えていますので、それぞれの拠点で適切にメンテナンスを実施できるよう、航空整備士を配置しておく必要があるのです。そのため、大手の航空会社の整備部門においては、2年から3年おきに転勤をするケースが一般的で、場合によっては海外の拠点に転勤をしなければならなくなることもあります。

大企業で仕事をするということは、このような転勤とは無縁ではいられません。航空整備士であっても、世界中に拠点がある会社で働くのであれば、自分のキャリアアップのためにこういった機会を有効に利用するようにしましょう。日本国内の各拠点においても、それぞれのインフラが異なりますので実施する整備業務の内容はさまざまです。転勤先の業務でさまざまな課題に直面することによって、航空整備士としてのスキルをアップすることができます。

大手の航空会社であれば、家族のいる場合に転勤のための引っ越し費用をサポートしてくれますし、各地に社宅を用意しているのが一般的ですので、突然の出費に悩まされることもありません。転勤に際しての手当てが支払われることもあり、コスト面で社員に負担がかからないように調整されているものです。

このように、日本だけでなく世界の各地で航空整備士として仕事をすることができるというのは、とても良い経験になります。各地で整備士としてのスキルを積み重ねていけるだけでなく、人的ネットワークを広げることにもつながります。社会人としての幅を広げることにもなりますので、転職した先の職場で転勤のチャンスがあるようでしたら、こういったポジティブな側面に目を向けて、自分のポテンシャルを広げる目的で挑戦してみてはいかがでしょうか。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.