航空整備士の転職と資格

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の転職と資格

航空整備士の転職と資格

航空整備士として働くためには、国家資格を取得していくことが必要になります。航空整備士にまつわる国家資格としては、一等航空整備士と二等航空整備士、また一等航空運航整備士、そして二等航空運航整備士があります。航空整備士と航空運航整備士という2種類がありますが、航空整備士はあらゆる整備業務を行うのに対し、航空運航整備士は限定的な整備を行います。そして、航空整備士と航空運航整備士には一等と二等があり、一等のほうがより大型の航空機について業務を行うことができるようになっています。

例えば、空港の駐機場で到着機や出発機のチェックや整備を行うライン整備の仕事を行うためには、一等航空整備士の資格が必要になります。ライン整備は航空機を外からチェックするだけでなく、航空機のなかに入ってコックピットの各種機器が正常に動作しているか、客席内のモニタなどの動きに問題はないかなど、航空機の内外について短い時間のなかで効率的に検査を行っていきます。正しい判断をスピーディーに下していくことが求められるため、一等航空整備士の資格を取得するためには、実にさまざまな分野の勉強を行っていかなければなりません。また、一等航空整備士の資格は細分化されていて、検査、整備を行うことのできる機体の型番ごとに資格を取得していかなければなりません。

ほかにも、各航空会社や整備会社ごとに、社内資格が設けられていることもあります。上に述べたライン整備の業務において社内資格が設定されているケースでは、すべてのチェックが完了して当該の航空機がフライトを行ってよいかどうかを最終決定できる整備士であることを認定する、ライン確認主任者という資格が設けられているところもあります。また、航空機にはたくさんの計器類が搭載されていますが、これらの計器のメンテナンスについて最終責任を持つ、装備品確認主任者という社内資格が設定されているところもあります。

このように、航空整備士には実にさまざまな国家資格、社内資格が設定されており、それぞれの等級に応じた待遇となっています。なぜこれほど細かな区分けがされているかというと、航空機は多くの乗客を乗せて運航を行っているため、航空機に万が一のことが起こらないよう、細心の注意を払って整備、点検、修理を行う必要があるからです。大切な乗客の命を預かる仕事として、航空整備士にはそれぞれのグレードに応じた国家資格、社内資格が用意されているのです。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.