航空整備士の転職と志望動機

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の転職と志望動機

航空整備士の転職と志望動機

すでに一般企業で働いているひとでも、夢をあきらめることができずに航空整備士の世界の扉を開くひとがいます。経済的に現状に不満があるわけでもなく、子どものころからの想いに突き動かされるようにして、この業界に転職をするひとは後を絶ちません。それだけ、大きな熱意を抱えたひとが集まるフィールドであり、航空整備士には尽きることのない魅力があるということです。

転職をしてまで航空整備士を志望するひとの動機のなかでもっとも多いのが、幼いころから飛行機が大好きであるということです。男の子を中心として、子どものころには多くのひとが飛行機や自動車に対して興味を抱くものです。しかし、このようなひとの多くが、より強い興味を航空機に感じており、飛行場に行くだけでワクワクしたり、自分がこれまでに見たことのない航空機を見かけると、大いに気持ちがたかぶるなど、航空機に対して人一倍の興味や興奮を感じていたというケースがほとんどです。

こういった幼少期の強い憧れや興味に導かれるようにして、物心がついたころには飛行機の図鑑を熱心に読むようになったり、航空機の構造に対して興味を抱くようになるなど、より技術的、メカニックなところにも興味が及ぶようになります。そして、航空機を見学するだけでなく、プラモデルなどを購入して自分で実際に組み立てたいという衝動に駆られるようになるなど、航空機を実際に作り上げることに興味の対象がうつっていきます。

小学校の高学年以上の年代になると、今度は航空機の安全な運航に対しての使命感のようなものが芽生えてきます。つまり、最新型の航空機の構造やメカニズムに対する興味が、たくさんの乗客を乗せて実際に運航をするにあたっての安全性の確保についての使命感に変貌していくのです。このような公共サービスに対しての使命感が芽生えてくることで、実際に自分が航空整備士として活躍したいという志望動機を生み出すことになります。

航空機にまつわる仕事、航空業界というフィールドにある仕事には、実にさまざまなものがあります。パイロットやキャビンアテンダント、グランドスタッフ、そして航空整備士など、それぞれの持ち場で空の快適な旅と安全に貢献しながら、日々の業務を進めています。なかでも、航空機という構造体の安全性についてもっとも責任を持つポジションとしての航空整備士になることを希望しているひとの多くは、空の安全を確立することに対して、人一倍強い信念を持っていることがほとんどです。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.