航空整備士の転職と英語力

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の転職と英語力

航空整備士の転職と英語力

航空整備士に転職をする際には、英語力をつけておくことが大切です。航空整備士は飛行機の構造について専門的で高度な知識を持っていることが求められますので、物理や数学、化学などの科目については一通りのことを知っているのが好ましいとされています。そのため、いわゆる理系の職業のひとつとして考えられていることがありますが、航空整備士の仕事をスムーズに進めていくためには、実は英語力が必要とされます。

というのも、航空整備士が仕事を進めていくのに欠かせない整備マニュアルはすべて英語で書かれています。これらのマニュアルは膨大なページ数がある分厚いもので、飛行機の各パーツについて詳細な情報が記されていますので、航空機の修理やメンテナンスを担当する航空整備士の仕事にはなくてはならないもののひとつです。また、ライン整備の場合は限られた時間のなかで点検とメンテナンスを行う必要がありますが、パイロットとの引継ぎを含めた交信は基本的に英語で行われます。そして、航空整備士がメンテナンスや点検、検査の結果などを記入する各種のシートについても、英語で記入しなければなりません。このように、航空整備士の仕事をスムーズに進めていくためには、英語力が必ず必要になるのです。

学生のころを含めて、英語があまり得意でないとしてきたひとでしたら、航空整備士への転職準備を行う過程で、英語を改めて学習するようにこころがけましょう。ただし、英会話の教師や通訳、翻訳家になるわけではありませんので、それほど心配する必要もありません。確かに、航空整備士の使用する整備マニュアルはとても分厚く、英語が苦手なひとにとっては心理的な負担が小さくはありません。しかし、英語を母国語としない世界中の人々を対象に作られているマニュアルですので、難しい表現は一切使われておらず、シンプルな英語で説明がされています。加えて、大好きな飛行機にまつわる仕事で使う英語ですので、飛行機の各パーツを英語ではどう表現するのかといった興味をもって勉強に取り組むことができるのではないでしょうか。

転職準備にあたっては、一般的な英語力アップの教材を使って学習を進めるといいでしょう。複雑な英文を取り扱うことはありませんので、基本的な文法スキルと単語力の確認を行うことをメインに行いましょう。書店などでは航空業界でよく使用される英単語の書籍や参考書も販売されていますので、必要に応じて利用するといいでしょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.