航空整備士の転職と学歴(高卒・文系など)

航空整備士の転職TOP >> 航空整備士の転職の基礎 >> 航空整備士の転職と学歴(高卒・文系など)

航空整備士の転職と学歴(高卒・文系など)

航空整備士として転職するにあたって、高卒であったり文系の学部を卒業していることは不利に働くのではないかと心配しているひとがいるかもしれません。実際に、高卒あるいは文系学部の卒業であっても、そのことが不利に働くことはまったくありません。

高卒で一般企業に就職し、その後航空整備士としての転職を考えているひとでしたら、4年生の大学を卒業して就職をしたひとに比べると相対的に年齢が若いため、転職に際して若干メリットがあるかもしれません。ただし、航空整備士として転職をするにあたっては、少なくとも二等航空整備士か二等航空運航整備士の国家資格を取得しておく必要があります。これらの資格を取得するにあたっては、実地試験が課されることになりますので、独学だけで試験勉強を進めていくのには、どうしても限界があります。

そこで、航空専門学校にいったん入学し、2年あるいは3年のコースを履修することをおすすめします。航空専門学校のなかには、航空従事者養成施設として国から認定されているところがあり、学内で開かれる実技試験などの審査をクリアすると、二等航空整備士か二等航空運航整備士の資格を付与されるようになっています。そのため、効率的な学習を進めながら、転職に必要な国家資格を効率的に取得することができるメリットがあります。

また、文系の学科を卒業して一般企業に就職、そして夢をあきらめきれずに航空整備士として第二の人生を歩みたいと思っているひとも同様に、まずは二等航空整備士あるいは二等航空運航整備士の国家資格を取得することから始めましょう。国家資格を取得するためには、物理や数学など理系に関する内容を数多く扱いますので、これらの内容に対してあまりに苦手意識が強いと、勉強がなかなか続かないといったこともあるかもしれません。もしどうしても理系の内容に拒否反応があるようでしたら、航空整備士ではなく総合職として航空業界への転職をする方法を検討してみることをおすすめします。というのも、航空整備士業界はずっと勉強を続けていくことが欠かせないフィールドであるからです。

いずれのケースにおいても、やる気さえあれば航空整備士という夢を形にすることのできる方法は用意されています。あとは、その夢の実現のために必要なことを地道にコツコツと続けていくだけの意志があなたにあるかどうかです。航空整備士は多くの乗客の命を預かるとても重要な仕事です。大きな責任が求められ、常にプレッシャーにさらされる仕事であるとともに、とてもやりがいのある仕事でもあります。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.