既卒okの航空整備士の求人

航空整備士の転職TOP >> 条件別の航空整備士の求人 >> 既卒okの航空整備士の求人

既卒okの航空整備士の求人

航空整備士として仕事をする業界で、既卒okの求人案件は珍しくありません。特に既卒で20代であれば、航空整備士の資格を持っていなくても、転職活動の準備をするところからスタートするというひとも多くいます。航空整備士の業界に転職をするのであれば、やはりあらかじめ資格を取得しておいたほうが有利に転職を進めることができます。

航空整備士の資格を取得するためには、航空専門学校のなかでも国土交通大臣によって認定を受けた、航空従事者養成施設として運営されているところを検討しましょう。このタイプの学校であれば、3年間の航空整備士養成コースに通うことで、コースの最終段階で実施される技能検定や審査において無事にクリアをすれば、二等航空整備士資格や二等航空運行整備資格の国家資格を取得することが可能です。最近では、一等航空運行整備士の国家資格を取得するためのコースも用意している専門学校が増えていますので、航空整備士の業界に転職活動をする際には、これらの専門学校を利用してあらかじめ国家資格を取得しておくといいでしょう。

既卒okの航空整備士に関する求人案件には、さまざまなフィールドがあります。大手の航空会社やLLCなどの中小規模の航空会社の求人案件はもちろんのこと、航空機の整備を専門に行っている企業、民間の航空機使用事業会社、テレビや新聞などの報道機関、警察や消防、海上保安庁などの官公庁、航空機メーカーや航空計器メーカーといった具合に、航空機に関連する業界のほとんどで、航空整備士のニーズがあります。

これまで航空整備の実績のないひとで、入社後のキャリアアップを慎重に行いたいという希望があるのでしたら、大手の企業の求人案件を中心に検討してみることをおすすめします。規模の大きな組織の場合、自社内に独自の教育制度や研修システムを用意しているところが多く、教育・研修専門のスタッフを配属しているのが一般的です。片手間で先輩に教えてもらう環境に比べると、こういった充実した教育環境を利用することができれば、より効率的に学習を進めていけるメリットがあります。

30代以降で航空整備士の資格がなく、航空整備の経験もないということになると、転職活動はやはり少し難しくなる傾向にあります。ただし、上に紹介した方法で国家資格を取得することで、その可能性をより拡大していくことはできます。あとは本人のやる気次第となりますので、意志を強くもってのぞむように心がけましょう。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.