航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】

航空整備士ってどんな仕事?

航空機が安全に運航できるように整備を担当するのが、航空整備士の主な仕事です。専門的な知識や技術を要するスペシャリストなので憧れをもつ方も多い職業ではないでしょうか。

航空整備士になるに国家資格が必要です。容易な道ではありませんが十分にやりがいを得られる一生の仕事になるでしょう。転職する際はリクルートエージェントのような専門の転職サイトを利用して、ブランクなく効率的に転職を実現させることをおすすめします。

航空整備士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループのブランド力とネットワーク力を活用し、数多くの非公開求人情報を提供してくれるのが、リクルートエージェントです。航空整備士の求人案件についても豊富に取り揃えており、大手の航空会社から注目の企業、外資系の航空会社など、スキルや希望に応じて適切にチョイスすることができるほど、バラエティ豊かな求人案件があります。経験豊かなキャリアアドバイザーが在籍しているので、安心して転職活動を行えます。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
未公開求人の豊富さと、適切なアドバイスを提供してくれるキャリアアドバイザーによる懇切丁寧なフォローアップが高い評価を得ているのが、マイナビエージェントです。航空業界のトレンドや今度の動向についてのリサーチも充実していますので、マイナビエージェントを通じてあこがれの航空整備士への転職を果たしたひとも少なくありません。面接の際のより良い受け答えのやり方や各種書類の書き方など、具体的なアドバイスも提供しています。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
年収750万円以上のハイクラスの求人案件に限定して運用されているのが、ビズリーチです。日本国内の大手企業や外資系企業などの非公開求人案件を豊富に取り扱っています。国内の大手航空会社や外資系エアラインの航空整備士など、ほかの転職エージェントではなかなかお目にかかれない求人案件に出会うことができます。業界経験の豊富なヘッドハンターやキャリアアドバイザーが在籍し、一人ひとりを強力にバックアップしてくれます。


航空整備士の転職のポイントは?

航空整備士に転職をするためには、準備をしておくべきポイントがいくつかあります。まずは、航空整備士として仕事を行うためには、整備のための国家資格を取得することが推奨されます。航空整備士の資格には、大きく分けて航空整備士と航空運航整備士の2種類があります。航空運航整備士は航空整備士の下位資格で、担当する業務は航空機の簡単な修理とメンテナンスに限定されます。一等と二等にわかれていて、それぞれに扱える航空機の種類が異なります。

より幅広い業務を行うためには、航空整備士の資格が必要です。この資格も一等と二等にわけられていますが、二等航空整備士で取り扱うのは、セスナ機やヘリコプターなどの中型、小型機となり、ジャンボ機などの大型航空機を取り扱うためには、一等航空整備士の資格が必要とされます。大手の航空会社や整備会社では、二等航空整備士として先輩たちの仕事のサポートをしながら、一等航空整備士の資格取得のために勉強を行っているスタッフが数多くいます。また、一等航空整備士と言ってもさらに細かく資格がわかれており、B777やB767、B747など、取り扱うことのできる航空機ごとに資格が用意されています。

航空整備士として転職活動の対象となる企業としては、国内外の航空会社やそのグループ会社である整備会社をはじめとして、新聞社やテレビ局などの報道機関、航空機の製造会社や航空機系のエンジニアリング会社、計器メーカーなどがあります。ほかにも、災害時などに空から救助活動を行う警察航空隊や消防航空隊、航空自衛隊や海上保安庁など、官公庁も航空整備士の働くフィールドになっています。

そこで、航空整備士として転職活動を行うにあたっては、まずは航空整備士あるいは航空運航整備士の二等資格を取得できるように努力をすること、そして航空整備士の資格を活用してどのような職場で働きたいのかを明確化すること、この2つのポイントが大切です。二等航空整備士の資格を効率的に取得するためには、航空整備士の専門学校に入学するという方法があります。社会人にも対応したカリキュラムが組まれているところが多く、専門的で高度な知識を集中的に教えてくれます。通信教育での独学を行うひともいますが、難しい内容や技術的な項目を数多く習得しなければなりませんので、こういった専門学校でしっかりと勉強を行うのが、結局は近道となります。学校によっては、学内の技能審査にパスをすることで、国家試験の実地検査が免除になるケースもあります。

航空整備士の求人倍率は?

航空整備士になるための求人倍率は、公式には発表されていません。倍率が公表されていないということで、航空整備士の国家資格を取得することが難しいのか、あるいは逆に易しいのかは安易に判断することはできませんが、取得するのがたやすい資格ではないということは確かです。

例えば、航空整備士には一等航空整備士と一等航空運航整備士、二等航空整備士、そして二等航空運航整備士という国家資格がありますが、それぞれの国家試験を受験するための条件としては、一等の国家資格を受験するためには4年以上の整備実績があること、二等の試験であれば3年以上の整備経験があることが条件とされています。となると、国家資格を取得していない状態で航空会社や航空機整備会社に就職し、先輩に教わりながら3年ないしは4年間みっちり整備士見習いとして仕事をしなければ、国家資格を受験することすら許されない、ということになります。これはなかなかハードルが高いと言えるでしょう。

しかし、航空整備士の資格試験を受験するためには、別の道もあります。それが、国土交通大臣が認定した航空従事者養成施設で勉強をすることです。航空専門学校の多くがこの認定を受けており、高卒程度の就学経験があれば入学できるようになっています。これらの養成施設で決められたカリキュラムを適切に受講し、学内での技能試験をパスすることができれば、整備士としての実績や経験がまったくない状態でも、航空整備士の国家資格を受験することができるようになります。

インターネットで検索をすると、これらの認定を受けた航空専門学校の公式ホームページの内容を見ることができますが、だいたいの学校で二等航空整備士などをはじめとする国家試験の合格率が公表されています。多くの学校で9割以上という実績がありますので、効率的に航空整備士の資格を取得するにあたっては、航空従事者養成施設への入学を検討するのがもっとも近道と言ってもいいでしょう。

これらの学校では、実際に航空整備士として業界の第一線で活躍している先輩たちを招いてレクチャーを行ったり、大手の航空会社にインターンとして派遣して整備士のイロハを学ぶ機会が用意されていたりなど、中身の充実したカリキュラムが魅力です。最近では一等航空整備士の受験資格を取得できる特別コースを設定しているところも増えていますので、自分の実力に見合ったコースを選択できるようにもなっています。

TOP

航空整備士の転職の基礎

条件別の航空整備士の求人

航空整備士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 航空整備士求人ガイド【※転職成功を完全ナビゲート】 All Rights Reserved.